部活動の遠征、沖縄県外を含め可能に 県立学校

いよいよ部活動が本格的に再開しました!

頑張る学生を応援するサイト、GSVOを立ち上げ早いもので1年が経過しました。
が・・・もろにコロナの影響を受け、学生たちの決まっていた遠征が中止になったり、
「みんな大変な時期にクラウドファンディングなんて。。。」
と、資金造成活動を遠慮する団体もあったりと、なかなかサイトの運営ができない状況でした。

しかし!11月26日の琉球新報に嬉しい記事があがっていました。

部活動の遠征、沖縄県外を含め可能に 県立学校

沖縄県教育委員会は25日、県の新型コロナウイルス対処方針変更を受け、各県立学校の部活動の制限を緩和した。県内外への遠征が可能になったほか、活動時間も緩和された。
25日以降の活動可能時間は、平日は2時間程度(早朝練習も含む)、土日祝日は昼食時間を挟まないように3時間程度とした。これまで制限していた県内外の遠征は、感染症対策を十分に講じた上で実施できる。県外大会へ参加する場合は、出発前にPCR検査の受検などを求める。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1429148.html

いよいよ、部活動の遠征の制限が解禁です!!!
ようやく、コロナからの影響から開放されそうな兆しです。
これまで貴重な学生時代の時間を凍結されたような長くて辛い暗い世界が続いていましたが、少し光がみえてきたニュースですね。

クラウドファンディングのすすめ

沖縄県は、九州大会や全国大会の出場権を獲得した場合は、航空券の負担が一番大きな問題ですよね。
そんな負担を少しでも軽くするための協力支援策として沖縄では「資金造成活動」が頻繁に行われます。
この文化は、なんと沖縄県特有のものだとご存知でしたか?
昔からの教え「ゆいまーる精神」が根付いている、支え合う素敵な風習だと思います。

わかりやすく言うと、「その助け合いの思い」をシステム化したものが、クラウドファンディングなんです。
メリットも多く、頑張る子どもたちの活動を多くの人に伝えることができたり
遠く居る人からの支援しやすくなったり、面識はないが活動に賛同した方からの支援を受けることもできる。
応援者からの応援コメント投稿ができたり、リターン品の多様性も楽しみの1つです。
ぜひ、GSVOの支援ツールを一度利用して欲しいと思います。

これから、頑張る子どもたちの活動のクラウドファンディングと、たくさんの支援の輪が広がる事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です