パパは厄年

こんにちは、GSVO学生ライターの玉城豪華です。
今月は、パパの身に降り掛かった厄、心に残る傷について書いていこうと思います。


まずは1つ目。
誕生日のあとすぐに1人で魚釣りに行き、岩場で足を滑らせ傷が出来るほど、背中・腰を強打。


↓   
その結果
お気に入りの竿が折れ、心に深い傷を負う。

2つ目。
その翌日、家族でアイススケートに行き、勢いよく転倒し180°足が開いてしまった。(相撲で言う、股割り状態)

↑↑
例えるとこんな感じ

その結果…左足の強烈な肉離れ、1週間仕事を休むことになった。

    ↑↑↑パパが肉離れを起こす1分前の画像(before)

   そして、、、、上の画像の2時間後のパパの姿(after)
     ↓↓↓

なんとも、かなしい姿になってしまいました・・・

3つ目、職場復帰後怪我した理由が「トリプルアクセルに失敗した」と思われていた。

4つ目、職場で1日係で仕上げたデータがパソコンに保存する前に消えてしまった。

といったことがあったそうです。
誕生前に「パパは厄年だ〜」と言っていたのですが、まだ大厄が始まって初めの方だったのでこれから先がとっても心配です。
ちなみに上の出来事は1ヶ月以内の話です。
これからパパを家族総出で見まもっていきたいと思います!\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です